知っておきたい!出席者の葬儀のマナー

葬儀の知らせは突然やってくるものであり、あらかじめマナーを知ってから参加しないと、出席者に不快な思いをさせてしまいます。今回は参列する前に是非とも知っておきたい葬儀マナーについて説明します。
まずは服装ですが、準礼装という黒か地味な色のフォーマルな服装にします。靴も同じく黒などの色でまとめますが、アクセサリーを付ける場合は白か黒のパールが一般的です。女性が通夜に参列する場合のストッキングは肌色でよいですが、告別式の場合は黒色のものを着用してください。
次に香典ですが、宗教によって不祝儀袋の表書きが異なります。仏式では御霊前、御香典、御仏前のいずれかで、キリスト教の場合は御花料となります。薄墨の筆ペンか筆でご自身の名前を記入し、上の折りを下の折りにかぶせて水引をかけます。
他にもいろいろな葬儀のマナーがありますが、最低でもこの2点は知っておきましょう。

お葬式に参列する際、知らず知らずの行動が実はお葬式のマナーにおいて、失礼にあたる行為だったということがあります。そんな失敗をしないためにも、しっかりNGマナーを理解しておかなければなりません。

お葬式に参列した際、遺族に挨拶をすることになりますが、たとえ親しい友人であっても長々と話をすることはNGです。故人の死因などに関することを聞くのはもっての外で、「この度はご愁傷様でした」など一言の挨拶のみとします。
または挨拶をしなくても、お葬式に参列することが弔意となりますので問題ありません。
お葬式の場で古い友人と会ったからといって、昔話に花を咲かせることも遺族や故人に対して失礼にあたります。私的な話は会場を出てからするようにします。

<PR>健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート