葬式に出席できないときに弔電をおくる

葬式に参列したくても遠方だった場合は、仕事の都合などで出席できない場合があります。そのときは通夜や告別式に出席しない代わりに、弔電を送るという方法があります。弔電にはお悔やみの言葉をかくので弔意を表すことができます。ただ弔電を打った後に予定が変わって葬式に参列できることになった場合でも、出席しても何ら問題はありません。弔電をおくるときに気を付けたいことは、通夜、もしくは告別式の当日に必ず届くように手配をすることが大事です。配達日時を確認してから弔電を申し込むようにすれば安心です。弔電をおくり先として、葬儀や告別式が行われる場所が良いです。近年は自宅よりも葬儀会場などで葬式を行うことが多いので、訃報をきいたらどこで葬式が行われるのかを確認しておきます。また弔電をおくるときには、故人、もしくは遺族の宗教を確認しておきます。仏式とキリスト教式の場合は、弔電の言葉は異なってきますので失礼にならないように気を付けましょう。