葬儀は香りや音にも気を付ける

葬儀では服装や持ち物に気を付けてマナーを守らなければなりませんが、香りや音も同様に気を付けなければなりません。
特に女性の場合だと香水を付ける方が多いと思いますが、葬式の会場ではお香を炊くことになりますので、その匂いを打ち消してしまったり、他の参列者に不快な思いをさせてしまったりする可能性が高く、葬式の場で香水を付けることは相応しいことではないので香水は付けないようにしましょう。

また音も気を付けなければなりません。
当然でありますが大きな声で喋ったり、携帯電話を鳴らしたりするのはいけないことになります。
その他の音が鳴るものも含めて消音にしておく必要があり、時々読教中に携帯電話のアラーム音や着信音が鳴り響くことが多々ありますが、マナー違反になりますので十分に注意してください。

これは他の参列者に迷惑ににるだけではなく遺族や故人に対しての冒涜になってしまう可能性もありますから服装だけではなく細かい点も注意しましょう。