子どもが葬式に参列するときの服装について

赤ちゃんなど泣いてしまうと周囲に迷惑がかかってしまうときは、葬式に参列をすることを控える判断も必要です。子供が葬式に参列をするときも、大人と同じように常識ある服装を着用することが求められています。幼児の場合は、白いブラウスがシャツに黒、もしくは紺色のズボンやスカートを着用します。冬など寒いときはブレザーを着用することが好ましいです。女の子の場合は黒いタイツをはき、スカートやワンピースでもかまいません。靴下は白、もしくは紺か黒にして、チャームがついたりフリルがついたものは避けるようにします。髪の毛につけるヘアピンは光るものではなく黒色にし、派手なチャームがついたヘアゴムはつけません。黒などのリボンなどはつけてもかまいません。小学生以上になると学校の制服があれば、制服を着用することが無難です。靴はエナメル加工や金具がついていないものを選ぶ方が良いですが、学生の場合は黒や茶色のローファーで参列するとよいです。