葬儀で用いられる喪章について

葬儀の際に重要になるのは執り行う側と参列する側で意識が異なりますが、参列する側はマナーはもちろん服装に関しても気を配る必要があります。
参列者は亡くなられてしまった方に対し思いを込めて正装をするため礼服を着用します。
ただし、礼服は正式なタイプを所持していても、遺族よりも格上になってしまわないように略式のタイプを選ぶようにしなければなりません。
時折、喪章を装着すると喪服の代わりになると考える方も居ますが、喪章というのは遺族もしくは近い距離感の関係者であるという事を証明するために存在しているので、腕に巻いても正装にはなりません。
そして、葬儀の前には必ず仮通夜というものがありますが、仮通夜に訪れる時は派手過ぎなければ一般的な洋服で問題ありません。
準備万端でしっかりと着込んでいくと、まるで不幸が訪れる事を考えていたような印象を与えてしまう事になるのです。
そのため、あくまでも急遽訪れた事を感じさせるようにすべきです。