葬儀は周りに合わせる方が良い

昨年、私は祖母の葬儀に参列しました。
孫で参加したのは私と残り数名だったのですが、殆どの人が結婚しており、子連れの状態でした。
私自身は祖母とはそれ程近しい関係ではありませんでしたが、やはり亡くなった事自体は寂しかったです。

そんな祖母の葬儀でしたが、バタバタと過ぎて行った印象が今でも残っています。
式自体はスムーズに終了したのですが、その後の火葬にする為に移動する時とか、初七日の法要をする時等、結構色々な事が聞こえてきました。

葬儀自体は故人を見送る為の大切な儀式だと私は思っています。
バタバタとする姿、誰かに役目を押し付ける様子というのは、本当に故人は見たいと思うのだろうか、そう考えると、あの祖母の葬儀の様子は決してほめられたものではないと今でも思っています。
勿論自分の要望を伝える事も必要ですが、葬儀を滞りなく進行して行く為には、やはり周りに合わせる意識も必要なのだとその時感じました。
急の事なのでバタバタしてしまう事も有りますが、遺族だからこそ、その時だからこそ意思の疎通が必要なのではないでしょうか。