葬儀における服装マナー

葬儀に参列する際は、ご遺族の方に失礼の無いよう適切な服装でうかがう必要があります。突然のことで準備に慌ててしまわないよう、事前にしっかりとマナーを把握しておきましょう。まず適切な服装として、喪服の着用が好ましいです。紺や濃い目のグレーなどの地味な色合い、デザインのものを選びます。また、平服の場合でも同様で、派手な色合いのものは避けましょう。寒い時期でコートを着用する場合は、会場に入る前で脱ぐのが礼儀です。細かいデザインなどの指定はありませんが、死を連想させることから、毛皮や革の素材のものは使用してはいけません。次に鞄や靴ですが、黒でデザインのないシンプルなものを着用しましょう。ショルダーバッグは相応しくありません。ハンドバッグを持つようにするのがベストですが、どうしてもショルダーバッグしか持っていない場合には、紐の部分を手で持つように工夫して、ご遺族に配慮しましょう。アクセサリー類も華やかなイメージになり相応しくないため、結婚指輪以外は外すようにしましょう。