葬儀に参列する際の身だしなみは

故人を送る大切な儀式が、お通夜、葬儀、告別式です。会葬者は故人とご遺族に失礼のないよう身だしなみを整え、参列するようにしましょう。ここでは、葬儀に参列する際の適切な身だしなみについて紹介します。まず服装ですが、男女ともに黒のフォーマルスーツやワンピースを着用します。また、男性の場合はベルトや靴下、靴も黒に揃えます。女性の場合も同様で、鞄や靴などの小物も黒で揃えるようにしましょう。また、柄物は避けましょう。子どもが参列する場合、中学や高校生であれば制服で問題ありません。それ以下の幼児であれば、ブレザーもしくは黒の服、シンプルな服装が相応しいです。次に髪型ですが、男性の場合はすっきりと清潔感のもある髪型を心がけ、女性の場合は焼香時などに邪魔にならないよう長い髪は黒のヘアゴムでまとめておくようにしましょう。化粧に関しても自然なものを心がけ、派手なメイクは控えます。ネイルに関しても、なるべく落としてから参列するようにしましょう。