葬儀に参列する時は焼香の仕方に気を付ける

友人や友人の親族、会社関係者等が亡くなった場合には葬儀に参列して最後のお別れをすることになりますが、その場合に気を付けるべきことは焼香の仕方についてです。
葬儀に何度も行くと言うのはそんなにないことなので焼香の仕方についてもよく知らない人がけっこういますが、それを間違えると恥ずかしい思いをすることになります。
そのため日頃から焼香の仕方についてよく確認しておく必要がありますが、一通りの流れを掴むことができたらそれほど悩むことはないです。
まず焼香の順番が来たら後ろの人に軽く会釈をするのが基本で、その後に焼香台の手前で僧侶そして遺族の方に一礼をして焼香台まで行きます。
そこで遺影を見て一礼して一歩前に進んで焼香することになり、それが済んだら再び遺影に向かって一礼をして少し下がって僧侶と遺族の方に礼をします。
この順番が分かれば焼香をする時に恥を掻くことはないので、葬儀に参列して焼香をする時にはこの順番を思い出すことが大切です。